ブログ

2021.05.03

歯のトラブル①

今回は歯のトラブル、「歯周病」と「乳歯遺残」についてお話ししたいと思います。

「歯周病」

ペットのお口のトラブルで一番多い原因は歯周病です。
当院でも口が臭う、硬い物を食べなくなった、顔(目の下)が腫れたと来院される子が多くいます。
わんちゃん、ねこちゃんは人間とは違い自分で歯磨きをすることが出来ないため、飼い主さんが磨いてあげることが出来ないと歯垢や歯石がよりつきやすくなってしまいます。
汚れが溜まると臭いの原因になったり、歯茎が腫れたりといった症状がでてきます。そのまま放置していると症状が進行し歯が抜けてしまったり、稀に歯周病菌が血管に入って全身にまわり心臓病や腎臓病の原因になることもあります。

一度ついてしまった歯石は磨いただけでは取り除くことは出来ません。
病院でできる処置としては超音波スケーラーによるスケーリングです。全身麻酔による処置になるため簡単に決断することは難しいかもしれませんが、早いうちに処置をすることによって抜歯せずに済んだり抜歯の本数が少なくて済みます。

 

           

 

 (スケーリング前)                  (スケーリング後)

 

スケーリングをした場合、その後の綺麗な歯の状態を維持するためにはやはりご家庭でのデンタルケアが大切になります。
歯磨きが難しい場合は歯垢・歯石の付着を軽減する効果のあるガムやサプリメント、ペット専用の歯磨き剤など出来る範囲でかまいませんので、使用することをお勧めします。

 

                                              (デンタルケア商品)

次回は乳歯遺残についてお話ししたいと思います。

 

(スケーリング後、点滴中のエルモ。)

Tel.022-769-9939
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • Facebook
  • calooペット
  • チームホープ
求人情報