小動物の治療

対応動物

  • うさぎ
  • フェレット
  • ハムスター

※難しい症例は専門の病院に紹介することもあります。

うさぎの病気と診療

  • 食欲不振、歯ぎしり、よだれといった症状がある場合→不正咬合(歯の病気)
  • 食欲低下、元気がない、便が小さい、便が出ない、お腹が張っている→胃腸のうっ滞(消化器の病気)
  • 尿に血液が混じる、お腹が膨らむ→子宮腫瘍、子宮水腫、子宮内膜過形成(子宮の病気)
  • 脱毛、フケ、かゆみ、湿疹→細菌性皮膚炎、皮膚糸状菌症、ツメダニ症、足底皮膚炎(皮膚の病気)
  • 涙、目やに、まぶたの腫れ、白く濁る→結膜炎、流涙症、白内障(目の病気)

上記のような症状が出ていたら、病気にかかっている可能性があります。なるべくお早めにご相談ください。

うさぎが病気にならないために

うさぎが病気にならないために うさぎの病気は、“食事”に起因したものが多いのが特徴です。つまり、正しい食事がとても大切になります。主食である乾草をたっぷりと与え、副食のペレットは与えすぎないように注意してください。野菜などはおやつ程度に与えることで、バランスを気にかけてあげましょう。
 当院では、治療だけでなく、検診の際に食事のアドバイスも行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

フェレット・ハムスター(小動物)の病気と診療

  • 食欲不振、歯ぎしり、よだれが出ている→歯の病気
  • フケ、脱毛、痒がる→皮膚の病気
  • 下痢、便が小さい、便が出ない、食欲不振→消化器の病気
  • 足をあげている、歩けない→外傷や骨折

小動物は、隅々までチェックしないと、その症状の変化が分かりません。少しでも異変を感じたら、すぐに病院へ行きましょう。

フェレット・ハムスター(小動物)が病気にならないために

 小動物の健康をキープするためには、食事の管理がとても大切です。メインはペレット。さらに、おやつのあげ方、タイミングのコントロールをしっかりと行なっていきましょう。また、小動物は放し飼いによる事故が少なくありません。愛しいご家族にケガをさせてしまわないように、放すときには、目の届く範囲でを心がけましょう。

Tel.022-229-9921
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • Facebook
  • calooペット
  • 求人情報
  • チームホープ