腫瘍・しこり

できもの・しこりとは

 体の表面、口腔内、耳の中のできものを、大きくならないか心配しながら生活されていませんか? かさぶたと出血を繰り返しているなかなか治らない傷はありませんか? 実はこれらは、腫瘍(がん)の可能性があります。

 できものが小さいから大丈夫、出血も少ないから大丈夫と、ご家族の考えで放置するのはNGです。大きくなってから病院に行くと「手遅れ」というケースは少なくありません。獣医療においてこのようなことは少なくないのが現状です。

 腫瘍の研究は日々進んでおり、腫瘍が悪性かどうかも分かるようになってきています。手術による切除が必要かどうかの細胞検査も可能になっている時代です。しかし、良性と判断された腫瘍であっても、場所によっては手術できないものもあります。基本的には取り除くことがベストとされています。腫瘍が小さいうちであれば、局所麻酔での切除が可能になります。大切なお仔様の体にできものを発見したら、できるだけ早くご相談ください。

しこり・がんの相談

 しこり・がんは早期発見が重要視されています。良くある症状であってもがんが潜んでいる場合があります。次のような症状がお仔様に見られたら、注意が必要です。すぐにご相談ください。

  • 食欲がない
  • よく吐く
  • 下痢や下血がある。続いている
  • 排便に時間がかかる
  • 血尿がある。少ない量での回数の多い排尿が続く
  • お腹が腫れている
  • 片足を引きずっている
  • 口臭やよだれがひどくなった
  • くしゃみ、鼻水、鼻血がよくでる
  • 咳、呼吸が荒いことが増えた
  • 皮膚炎や腫瘍が治らない
  • 急に脱力してへたり込むことがある
  • 過去にも腫瘍ができたことがある
  • 気になるしこりがある
  • 食事に時間がかかるようになった。食べこぼしが多くなった
  • 7歳以上である
  • 気になると感じる症状がある

いつもと違うことに“気づいてあげること”がとても大切です。違和感を覚えたら、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

犬の3大疾病

犬の3大死亡要因は下記の通りです。

  1. がん
  2. 心臓病
  3. 腎臓病

 すべてのがんが死につながるわけではありません。早期発見により、完治する可能性も十分にあります。大切なのは、飼い主であるご家族様とお仔様のスキンシップです。日頃からスキンシップで体を触り、チェックしてあげることが大切です。
 外からは触ることができない胸の中やお腹の中のがんを早期発見するには、レントゲン検査、超音波検査などの画像診断が効果的です。初期のがんでは、血液検査で異常が出ることはほとんどありません。がんの好発年齢とされる7歳を過ぎた中高齢期には、画像検査を組み合わせた検診がおすすめです。

しこりは全てがんなの?

 しこりはすべてがんではありません。がんの場合でも良性と悪性があります。
しこりを発見したら、以下のことをチェックし獣医師にお知らせください。

  • しこりを見つけたのはいつ頃か
  • 増大速度はどのくらいか
  • 増大、縮小を繰り返しているかどうか
  • 痛み、かゆみはあるのか
Tel.022-229-9921
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • Facebook
  • calooペット
  • 求人情報
  • チームホープ