去勢・避妊手術

八木山サンシャイン動物病院で手術をするメリット

 当院での去勢・避妊手術は、費用が比較的安いのがポイントです。また、犬の避妊手術以外は、日帰りが可能です。ご家族の方も、日帰りを希望する方が多くいらっしゃいます。特に猫は預かることでストレスを与えてしまうので、日帰りでの対応をしております。
 手術時間は去勢手術であれば犬は10分〜15分、猫なら5分〜10分程度。避妊手術であれば、犬は40分〜50分、猫なら30分〜40分で完了します。手術時間が短いことは、動物の体に負担をかけないことにも繫がるので、とても重要なポイントでもあります。

避妊・去勢手術の重要性

 避妊・去勢手術の目的は、望まない出産を防ぐためだけではありません。去勢・避妊手術を受けることにより、生殖器系疾患の予防に繫がり、さらには問題行動が抑制されるといったメリットもあります。オスの場合には精巣を、メスの場合は卵巣と子宮の摘出をします。生殖器がなくなると、生殖器系の疾患にかかりにくくなりのがポイントです。
 オスの場合には、精巣腫瘍、前立腺肥大症、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアといったリスクが低減します。メスの場合には、子宮内膜症、子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍(但し2回目の生理が来る前に手術した場合に予防可能)といったリスクが低減し、個体差はあれど、噛む、無駄吠え、マーキングや雄に見られるマウンティングなどの問題行動の抑制へと繫がります。

避妊、去勢手術のメリット・デメリット

メリット

  • 望まない出産の防止
  • 生殖器疾患のリスク低減
  • 問題行動の抑制
  • 発情時に起きるストレスの軽減

デメリット

  • 手術・麻酔にはリスクが伴う(リスクゼロはない)
  • 運動量が減ることで太りやすくなるケースもあり

地域猫の避妊、去勢手術

近所のノラネコがどんどん繁殖して困っている方へ

 当院ではそういった地域猫の去勢避妊手術を割引の値段で受けられます。 仙台市の助成金制度もご案内しております。また、捕獲器の貸し出しもおこなっておりますので、ご希望の方は当院までお問い合わせください。

去勢・避妊手術の時期

去勢・避妊手術にもベストなタイミングがあります。

去勢手術…生殖能力が完成する前の生後6ヶ月頃
避妊手術…生後6ヶ月を過ぎたらいつでもOK。2回目の生理がくる前に手術を受ければ乳腺腫瘍の予防率がアップします

去勢・避妊手術の流れ

手術の流れは去勢も避妊もほとんど同じです。ポイントは、事前の健康状態のチェックです。去勢・避妊手術を受けられる健康状態であるかどうかをきちんと確認したうえで、手術を決定します。

手術前に問診・健康状態のチェックをする

手術の12時間前から絶食をして手術前日を過ごす

手術当日は絶食&絶水で来院

手術開始

手術終了。犬の避妊手術以外は、当日中にご家族にお返し
※犬の避妊の手術の場合は開腹手術なので1泊入院。猫は預かることでストレスを抱えるので可能な限りその日のうちにお返し

術後の経過観察は、ご家族の方もしっかりと対応する必要があります。

■抑えておくべきポイント

  1. 傷口をなめないこと。傷口が開かないよう激しい運動をさせないこと。
  2. 食欲の様子を見ること。術後3日ほどで食欲は戻ってきます。
  3. 排尿・排便の内容チェック。形、回数、ニオイなどに注意すること。
Tel.022-229-9921
一番上に戻る
  • スタッフブログ
  • Facebook
  • calooペット
  • 求人情報
  • チームホープ